合格者の声
Voice

当塾では今年度、3期目の卒業生を送り出しました。その中でホームページへの掲載を同意いただいた一部の方のコメントを掲載しております。

松本くん 東北医科薬科大学 合格

この塾に入って、最初は英語のみを受けていて、成績が上がったために他の科目も受けていました。そのために、他の科目は成績に反映されるのに時間がかかりましたが、何とか合格にたどり着くことができました。英語は授業の最初に、単語、熟語、文法の小テストを行います。そこでの結果には、細心の注意を払った方が良いです。何故なら、ここで出るものは入試で出るということが多々ありました。そこそこ難易度も高いので、間違った所はきっちり復習することが合否に直結したと思います。テストの後に長文を解きます。これに対応できるようになれば、入試の問題は苦になりません。最後に、和文英訳、自由英作文の復習をするという流れです。次に数学ですが、私は数学の難しい問題を解く必要があると思っていたのですが、担当の先生からは、とにかく定義を徹底して、基礎、典型標準問題に反射的に手が動くようにしなさいと言われて、その通りにしていたら、成績も上がりました。理科を取り始めたのは、秋口頃なので、とにかく苦手な所を埋めることを意識して勉強していましたが、その短い期間の中でも先生方に細かい指示を頂き、理科で合格点まで引き上げてもらいました。私は以前には、大手予備校に通っていましたが、自分のレベルに合わない授業を受けてしまい、あまり成績に直結することはありませんでした。そのため、個別塾に入り、細かなスケジュールを組んでもらい、理解できるまで教えてもらいました。私のように、集団授業があわないと思った方は、一度、当塾に足を運んではどうかと思います。


出口 楓さん 神戸薬科大学 合格
img

私は中学生の頃から英語の成績が悪く、英語が苦手でした。特に長文は全く読めなくて、内容をしっかり理解できたことはほとんどありませんでした。
集団授業が苦手な私にとってこの塾は合っていました。
質問しやすく、授業中にわからないことがあったらすぐに聞けました。この塾に通う前から映像授業の予備校に通っていましたが、何を勉強したらいいか分かりませんでした。でも田中先生の的確な指導で自分に何が足りないのかがわかり、出された課題を毎日やるにつれて少しずつ英文の意味がわかるようになりました。この塾に来る前は、自分は英語を勉強しても成績はあがらないと思っていたので英語の勉強は3日に1回ぐらいしか勉強していませんでした。でも英語は少しでもいいから毎日勉強するのが大切だとわかりました。私は10月からこの塾に通い始めたので入試まで短い期間でしたが、丁寧に教えてもらいました。最後の模試でE判定だった大学にも合格することができました。
この塾に入っていなかったらどこの大学にも合格できなかったと思います。先生方と事務の方には本当に感謝しています!どんなに模試の結果が悪くても、最後まで諦めず頑張ることが大切だと実感しました。皆さんも諦めずに頑張ってください!


2020年度入試 自治医科大学合格 山下知希さん インタビュー

合格できましたー!!
私は今年大学に合格するまで、今まで高校、大学受験において、第一志望に合格したことはありませんでした。世の中には、たとえ、模試の成績が良くても、心の中にある不安、例えば、苦手科目ができるのかという考えがあるせいか、本番は失敗してしまう人もいると思います。特に医療系や難関大学を受けるひとには、当てはまると思います。私は、昔から数学で勝負し、英語は不安定ながらもがんばり、理科は大体安定のような形で受験に勝負し、負けました。正直な所、頭の良い学校に行く人間は、勉強の才能があるものだと考えていました。しかし、実際のところはそのような天才も一部いますが、ほとんどの人が努力をいっぱいして、受かっています。そこで、私は努力しなければ、何も始まらないし、始めなきゃ、何も変わらないと思い、まず最初に、受かるために必要なのは、苦手な英語を強化し、他の教科の土台を強くし、安定させることだと思いました。そして、調べる内に、出会ったのが、この英語塾でした。私は、大手予備校にも一緒に通っていたんですが、一方でこの英語塾にも通っていました。もちろん、大手予備校では、全体に向かって、多くの指導をしてくれますが、それが個人に必ず合うかというと別だと思います。勉強の仕方がわからず、なんとなくですると、成績はある程度上がれど、限界があると思います。(浪人した経験から)それを解決するのが、先生の存在だと思います。そこで、私は、個別指導もある当塾に同時に通い、先生に自分に何が足りず、必要なのかといったこれからの学習計画や、志望校を決めなどをサポートしてもらいました。実際に私が行く自治医科大学も進められたものです。
ここからは具体的に英語塾でどういうことをしたかを書かせてもらいます。英語の中にも、和訳や自由英作、長文といった多くのカテゴリーがあると思います。特に、和訳、英訳、自由英作文は、自分の書いたものの添削を、嫌っていうほどしてもらいました。自分の間違いや知らなかったこと、そしてどう書けばさらに伸びるのかといったことをしっかりと丁寧に教えてもらい、学んでいきました。個人的には自由英作文というのは、現役の時もですが、予備校でもあまり習わない範囲でもあり、ないがしろにしやすい範囲でもあると思います。しかし、割り当てられる点数は高い。逆にいえば、そこをきっちり補うことで差がつけられることが多いので、120字、150字ぐらいの添削を繰り返し、自分の悪い部分を改善していきました。英作文系をのばすには、添削は必要不可欠のように感じます。
次に長文について書きたい思います。自分は長文を読むのが非常に苦手だったのですが、私は気が付くと、英文を読んでも、読み終えるころには、前の内容をうろ覚えで、問題を解こうとしても、あまり解けないことがありました。その原因は、1つ1つの文の意味が理解できてないのか、または文と文、段落と段落との前後の流れを理解していないからだと思います。これを改善するために、塾が出してくれる課題を地道にやっていきました。それをやってきたことで、土台を築き、模試など高得点を徐々にだせるようになり、いつの間にか、自分の武器として英語に取り組むことができました。
次に、リスニングについて触れたいと思います。センター試験や大学共通テストのリスニングでは、一語一語聞き分けることも、流れる文の内容も最初は理解できませんでした。しかし、英語の音の基礎、正しいリスニングの勉強法を学び、トレーニングを重ねるうちに、激的にリスニングは向上していきました。
別の観点からでも当塾は良い点があると思います。それは精神面的に支えてくれる所です。個別になると、先生や受付の方々と話す機会も多く、友達もでき、人と話せるような環境を持てるので、勉強のモチベーションを保つには、当塾はもってこいだと思います。個別も集団の授業も多くやっているので、勉強面、生活面、精神面が充実するのではないかと思います。
最後になりますが、努力は必ず実るかは正直わからないです。実る人もいれば、実らない人もいると思います。周りのライバルは基本的に勉強を積み上げています。その人に勝つためには、その人よりまさる何か、例えば勉強の質を上げるといったことが必要になると思います。そこで、成績を効率よく上げるために、自分でどうすべきかを考え、常に、どんな勉強するにしても、目的意識をもちながら、取り組むことが必要です。みなさんの合格のために、当塾を利用し、勉強してみてはいかがですか?
この大学受験を突破して、夢への一歩を踏み出すために、英語塾に入り、諦めずに自分と、先生たちを信じて頑張ってください!!


2020年度入試 酪農学園大学獣医学科獣医学類 合格/麻布大学獣医学部獣医学科 森 柾貴くん
img

私は、現役生の時、英語、数学、生物、全てにおいて、獣医学部のレベルに到達できていませんでした。そのため、浪人後は、まず英語の基礎から見直したいと思い、当塾に入塾しました。

当塾では、夏まで英語の基礎固めをしたことで、秋に始まる模試へ万全の状態に持っていくことが出来ました。その結果、秋の模試では、英語、数学、生物で目標だった偏差値60を超えることができ、酪農学園大学でA判定を取ることが出来ました。

しかし、秋から冬にかけて、長く続く受験勉強への疲れが出始め、ちょっとした油断もあったことから、成績の低下に苦しみました。けれども、周りの先生方の励ましもあって、辛い受験生活を耐えることができ、試験本番で無事、合格を勝ち取ることができました。

本当に、この合格は奇跡だと思いますし、各教科を教えてくださった先生方や事務の方には、いくら感謝してもしきれません。

私が、この受験生活を終えて学んだことは、「気持ちを切らさずに、頑張り続けると最後は報われる」ということです。

これから獣医学部を目指す人は、とにかく気持ちを切らさずに頑張ってください。必ず報われます。心から応援しています。


2019年度入試 徳島大学医学部医学科合格(匿名希望)生徒のコメント
センター英語(筆記)得点
現役時 64/200
合格時 195/200

コメント
合格しました!
まず僕は、小学6年の時に塾でハイレベルクラスに所属しており、そのままそのクラスで中学での英語の授業が始まってしまい、それについていけなくなったため英語に苦手意識を持つようになりました。なので中学一年以来高校卒業まで、6年間ほぼ英語の勉強をしてきませんでした(その塾はすぐにやめました)。
高校での定期テストはほぼ全て欠点で、現役時のセンター試験では適当にマークをして残り時間を寝るレベルでした。しかし医学科を志す以上避けては通れない道だったので、浪人して頑張ろうと思い英語塾を探しました。
夢を叶える英語塾(以下夢叶塾)は大手個別塾と比べ、個人レベルにしっかり情熱をもって対応してくれる点、時間にある程度融通が利く点、最初の説明時の明確な学力向上プランを提示してくれた点などで選びました。
具体的に一年間の流れを書いていこうと思います。
まず夢叶塾の指導に従って、夏まではひたすらに単語・熟語・文法・構文・英作文の基本形などのインプットに努めました。参考書は勧められたものを素直にやればよいと思います。
最初は、インプットをするだけなのに授業を入れる必要などあるのか?お金の無駄じゃないのか?などとも考えましたが、なによりも重要なのは知識の定着の確認をしてくれる監視です。授業では毎回宿題があり、それを次の授業でテストをして知識の定着を確認されていました。
このテストで0点を取らないように、授業の前日もしくは授業の2時間前にでも『焦る』ことが大切です。焦って必死に頭に詰め込む作業の繰り返しで知識は定着していきます(もちろん計画的に毎日勉強するに越したことはないですが)。また先生がそばにいることで色々と疑問に思ったことをその場で聞けることも知識の定着を増進します。
夏以降はそれまでに培った基礎力の上に長文・英作文・リスニングなどを学んでいきました。夢叶塾で先生の目の前で長文・英作文を解き、答え合わせをすることで自分では気が付いていない苦手な箇所や減点される記述を指摘してもらえ、実際のテストでどのように点数を獲得していくかを学びました。
英語力の向上に最も大切なのは基礎力です。全く英語ができない人は夏までが勝負です。一番つらい時期ですが頑張りましょう。基礎力さえ身についてしまえば、長文など楽に読めます。
また、英語は一度できるようになると数学や理科などとは違って学力が低下しにくく、またテストで大幅にこけることがないです。なので大学に受かるためには英語の得点をいかに高く見積もれるかの勝負です。
英語さえ出来てしまえばほかの科目に時間を割くことができ、合格に近づきます。
皆さんも夢を叶える英語塾に入れば英語ができるようになること間違いなしです!では!

保護者のコメント
息子は昔からとにかく英語に苦手意識があり、今までも英語塾には通ってきましたが成績が伸びる事はありませんでした。
浪人に入る際、藁にもすがる思いで夢叶に入塾したのは先生の「センター9割目指します」の言葉を信じたからです。
当初は不安もありましたが、数回通ううちに息子の英語に対する意識が変わり、帰宅してからも興奮したように英語への理解が深まる喜びを話してくれました。
先生の明確な指導が、全力を尽くして英語を学ぶ原動力となったようです。
この一年は英語力を伸ばす事が最大目標ではありましたが、医学部は苦手教科を作っては合格には繋がらない為、英語だけを勉強していては今まで得意としていた教科の成績低下が不安でもありました。
先生はその辺りも考えてくださり、予備校との兼ね合いや全方面からのサポートをしてくださった為、安心して受験当日を迎えることが出来ました。
長い間、英語に苦しんで来ましたがセンターでは先生の仰る9割を超す成績を取る事が出来ました。
何よりも1年間親身になって医学部受験をサポートしてくださった夢を叶える英語塾は親の私にとっても大変心強く有り難い存在でありました。
本当にありがとうございました。

コンテンツ
Contents

img

コースと料金Course&Price

img

ご利用の流れFlow

img

講師紹介Lecturer

img

合格者の声Voice

img

講師応募フォームRecruit

img

会社概要Company

お問い合わせ
CONTACT

気になることなど、ご不明な点はお問い合わせ下さいませ。お電話でも受け付けております。
TEL:06-6310-2732
営業時間:9:00~22:00

お問い合わせ
img