浪人恐れずに足りず

 

来年度、新大学入試が始まることで、大きな不安を感じておられる方も多いかもしれませんが、特に私大の入試において、勉強の仕方、方針が大きく変わることはありません。

きちんと、基礎力をつけて、その上で、大学ごとの入試対策をすれば、十分、合格ラインに到達します。

不安を完全に消すことはできないと思いますが、慌てず、しっかりと足場を固めていきましょう。

何かお困りのことございましたら、いつでもご連絡ください。

結果待ちの方

この時期、補欠の結果待ちの方も多いと思います。

当塾でも、今年度は、例年以上に補欠が回りづらくなっているように感じます。

そのような状況では、なかなか勉強に身が入らない状態だと思いますが、いざという時に備えて勉強は続けておくことをお勧めします。

そうでなければ、もし、来年受験勉強を続けることになった場合、この1か月で他の受験生に大きく差をつけられることになります。

ぜひ、この1か月を有効に使っていただきたいと思います。

 

今年度の医学部入試

今年度の医学部入試では、久留米大学(前期)、金沢医科大学(後期)の数学が非常に易化したようです。

数学が苦手な生徒でも、十分高得点が狙えたようです。

一方で、東海大学の数学は難易度が高く、苦戦を強いられた受験生も多かったのではないでしょうか。

入試問題の難易度に影響されない、確実な力、それをつけて、確実に合格していただく一助に当塾がなれれば幸いです。

 

皆さんにご安心してお通いいただけます

当塾は、個別指導をベースとしているため、スタートはいつからでも可能です。

今は、コロナウイルスの感染が心配で外出が心配な方も、流行が落ち着くまでは、オンラインで、収束したのちは、教室でのマンツーマン指導で受講することも、集団指導と組み合わせることも可能です。

ご不安なくご受講いただくのが一番だと考えておりますので、ご心配なこと、ご希望等、何なりとお申し付けくださいませ。

誠心誠意、ご対応させていただきます。

 

 

 

合格者インタビュー

当塾、卒業生で無事、志望校に合格された方のインタビュー動画を、合格者の声のページでアップいたしました。

ぜひ、来年の受験勉強のご参考に、ご覧ください。

 

オリジナル教材について

当塾では、各教科(英・数・物・化・生・小論文)、オリジナル教材を作成しています。

医学部・獣医学部・歯学部の指導経験豊富な講師が、これまでの指導経験および、最新の過去問研究をもとに、短期間で合格を勝ち取るための必要事項をすべて盛り込んでいます。

特に、英語は、基本英文法・長文・和文英作文・自由英作文・誤文訂正、英文解釈など、教材の数が非常に豊富で受験生を飽きさせません。

これも、英語に強い、当塾だからこそ可能です。

また、授業外の学習指導も、各教科、細かく担当講師が指導することで、受験生の弱点を見落としません。

アットホームながら、かゆいところに手の届く細やかな指導となっています。当塾は、定員制です。

お問い合わせも少しずつ増えておりますので、入塾をご希望の方は、お早めにお問い合わせください。

コロナウィルスの対応について

 

現在、全国の小、中、高校において、休校が相次いでいます。

当塾でも、手洗い、うがいの指導を徹底するとともに、感染が収束するまで、集団授業はすべて休講とし、個別指導で対応させていただきます。

また、個別指導の設定を行う場合も、他の生徒との時間のバッティングを控え、塾内での感染リスク管理の徹底に努めます。

希望者には、通常料金よりも、お手頃価格(6000円/時間)でスカイプ授業を行います。

ご不明点ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

個別相談会

当塾では、新入塾生の個別相談会を、随時受け付けております。

先日から、お問い合わせが増えております。

遠方からの入会を希望している方も多くおられます。

当塾にご興味をお持ちの方は、お気軽に、ご連絡ください。

医学部後期試験

今年度、下記の日程で後期試験が実施されます。

前期で思うように結果が出せなかった方も、諦めず、後期試験で、再チャレンジしてみてください。

毎年、前期で合格が取れなった方でも、後期で見事、正規合格を勝ち取られる方はいます。

最後まで、勉強は続けてください。

3/1(日) 近畿大学
3/3(火) 日本医大・藤田医科
3/6(金) 金沢医科
3/8(日) 久留米
3/10(火) 昭和・大阪医科

E判定からの合格

先日、無事、薬学部に合格したと連絡をいただきました。

その生徒さんは、最後の模試で受験校の判定は、マーク模試、記述模試ともにE判定でした。

それでも、あきらめず、対策を続けたことで、無事合格を勝ち取ることができました。

併願校を受験し、安全校を確保することは重要ですが、第1志望を諦めず、努力を続けることも重要です。

可能性を信じ、努力を続けることで、道は切り開けます。ともに頑張りましょう。

Where there is a will, there is a way.